1. HOME
  2. お知らせ
  3. ウッドデザイン賞2020 特別賞(木のおもてなし賞)受賞

ウッドデザイン賞2020 特別賞(木のおもてなし賞)受賞

WOOD DESIGN 2020 特別賞

ウッドデザイン賞2020 特別賞(木のおもてなし賞)を受賞しました!

戦前となる築100年の大阪の長屋をリノベーションして再生した一棟貸し CONTEXTED(コンテクステッド) が、【ウッドデザイン賞2020】 に入賞し、さらに、特別賞(木のおもてなし賞)を受賞しました。木のおもてなし賞は、日本の「木の文化」を活かした施設・空間や木製品、活動などで「おもてなし」の考えに優れたものを対象とするものだそうです。建築設計を行った Office for Environmental Architecture や 照明デザインの会社 Tokyo Lighting Design、大阪の工務店 株式会社キドビル工務店、関西木材工業株式会社、土井住宅産業株式会社と連名での受賞となります。

農林水産省 林野庁の補助事業として、木で暮らしと社会を豊かにするもの・ことを表彰するウッドデザイン賞。CONTEXTED は、木を使って暮らしの質を高めているものが対象となる、ライフスタイルデザイン部門 建築・空間分野での受賞となりました。

発表されたリリースには、以下のように評価コメントが。 建築分野の審査委員である、建築家の隈研吾さんや手塚由比さんが、そのように感じてくださったことが何よりも誇らしいです。

長屋をリノベーションした3棟それぞれにテーマ があり、日本の木の文化を活かし、うまくデザインされた空間。長屋の面影を残しつつ、洗練された内部空間はインバウンドにも受けそうだ。(ウッドデザイン 賞リリース文より引用)

【 CONTEXTED クリエイティブチーム 】
建築設計:Office for Environmental Architecture
照明デザイン:Tokyo Lighting Design
ロゴデザイン・インフォグラフィックス:Eri Nishihara
壁画・掛け軸制作:工藤シンク/ Sync.Kudo
建築写真:Yoshihiro Koitani

美しい木目や濃淡を堪能できる、心地良い空間づくりを目指した CONTEXTED。小さなスペースながらも、空間をなるべく広く感じられるように工夫しており、木材を全面的に使用することで、明るく穏やかな空間になっています。デザインがお好きな方にぜひ、お越しいただけると幸いです。一棟一棟異なるデザインコンセプトなので、ぜひお好みを見つけてくださいね。

【ウッドデザイン賞とは】
ウッドデザイン賞は、「木」に関するあらゆるモノ・コトを対象に、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにするという3つの消費者視点から、優れた製品・取組等を表彰するものです。これによって、“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、ひいては国産材の需要が拡大し、適正な森林整備が進むことを目的としています。
詳細はこちら https://www.wooddesign.jp/

お知らせ

お知らせ一覧